なぜ、たった半年で・・・
「忙しい会社員」から
「自由な生活」を手に入れたのか?

私は、ほんの少し前まで給料をもらうために、
眠い目をこすりながら通勤し、
やりたくも ない仕事をこなし、
会社の人間関係に疲れ切って毎日会社と自宅を往復するだけの生活を 送っていました。


給料の中から生活費、ローンを支払い、
わずかに残ったお金をコツコツと貯金し、
白髪に なるまで会社に縛られた忙しい不自由な生活を送るのだろうと思っていました。


家に帰れば、幼い子供と妻はすでに就寝。


家族を起こさないように明かりを抑えた暗い食卓で 食事を済ませ、
また明日の仕事に備えて布団に入るという、まさに家畜のような日々だった。。。

他では絶対に公開しない
ヒミツの電子書籍が
いまだけ期間限定で、
すべて無料で読めるチャンスです!

※お持ちのスマホ・パソコンで
すぐに読むことが可能です。

メールアドレス

※追加のプレゼントが届きますので必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
※メールマガジンが不要と判断された場合、ワンクリックで解除可能です。
※ご入力いただいた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理いたします。

読者様の声

ろんさん

一気に読みました。大変おもしろかったです。
いままでの仕事やお金に対する考え方を覆すお話ありがとうございます。
これから誰でも、本当に自由になるための方法。

それを無料で、こんなにおもしろく、分かりやすく書いていただき感謝です。
さっそく自由人になるための一歩を踏み出していこうと思っています。
ありがとうございます。

大橋さん

目標と夢が出来た今、止まることだけはしないように走り続けてみようと思っ ています!

私に転機を下さった事、感謝致します!!
メルマガも楽しみにしております!
仙崎様の文章がとても好きです!
人柄の良さをとても感じます!

私にとって影響力抜群です。少しでもこの感謝をお伝えしたいと思いました!

大変失礼致しました!!今後のメルマガも期待しております。
宜しくお願い 致しますm(__)m

20代主婦

家族のために会社に勤めて、お給料をもらってそのお金で家族を養い、
生活することが当たり前のことだと思っている主人に、
本当に自分がしたいことは何なのか?

この本を読んで、考えてもらいたいなと思いました。

購読者全員に期間限定で
下記のプレゼントを
お送り致します。

はっきり言います! 誰でもすぐに稼げる方法です。

子育て主婦の生活必需品といってもいい方法で、
もっとこの方法を知っていればと嘆く方が多数です。

もちろん主婦でなくても利用できます。

私もこの方法を知ってからは頻繁に利用していて、
この方法だけで30万円を稼ぐことも可能ですよ。

電子書籍内でも強調して書きましたが、
成功するために、何よりも大事なのが「マインド」だと思っています。

私の実績に驚かれる方の多くは、
どんな「ノウハウ」をもっているのか?
と興味をもって頂けるのですが、
この特典を読んでいただければ
その秘密がノウハウにあるわけではないことが分かると思います。

メールアドレス

※追加のプレゼントが届きますので必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
※メールマガジンが不要と判断された場合、ワンクリックで解除可能です。
※ご入力いただいた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理いたします。

会社に依存せずに
働くことは可能か!?

ほんのすこし前まで、
お金も時間も
自由ではなかった。

こんにちは。仙崎大吾と申します。

このページにアクセスいただきありがとうございます。
このページをご覧になっているあなたは、もしかすると...

  • 「このまま、いまの仕事を続けていてもいいのかな...」
  • 「会社で頑張っていけば、幸せに暮らしていけるのだろうか?」
  • 「気がついたら、家族との時間がどんどん少なくなっているな...」
  • 「資格でも取って給料の高い会社に転職しようかな...」

と悩むサラリーマン。

  • 「夫の給料だけでは生活が苦しくてやっていけない...」
  • 「専業主婦で社会から取り残されている気がする...」
  • 「働いてもないんだから、暇なんでしょ?と思われている」
  • 「働きに行きたいのに、そもそも子供を預ける所がない...」
  • 「育児、家事と仕事の両立で精神的にゆとりがない...」

と悩む子育て中のママ


こんなことを感じていらっしゃるかもしれません。


私は、ほんの少し前まで給料をもらうために、
眠い目をこすりながら通勤し、やりたくもない仕事をこなし、
会社の人間関係に疲れ切って毎日会社と自宅を往復するだけの生活を送っていました。


給料の中から生活費、ローンを支払い、
わずかに残ったお金をコツコツと貯金し、
白髪になるまで会社に縛られた忙しい不自由な生活を送るのだろうと思っていました。


家に帰れば、幼い子供と妻はすでに就寝。
家族を起こさないように明かりを抑えた暗い食卓で 食事を済ませ、
また明日の仕事に備えて布団に入るという暮らし。

もっと家族との
自由な時間を増やしたい

つまり、いまのあなたと同じように、このままでいいのかぼんやりとした不安に悩まされていたのです。

3歳と9ヶ月の2人男の子を育てる妻もまた、
子育てと家事に追われ1人の時間がなく、トイレもゆっくりできない状況でした。

散らかった部屋、慌ただしい毎日、
自分の精神的ゆとりのなさから思わず子供に厳しくなってしまう。。。


専業主婦となり「家庭」と「その周辺」だけの生活から
社会との関わりが薄くなり寂しさ を感じることもあったと思います。

子供の教育費の話しになると、私の給料だけでは不安になり、
「パートで働いたほうがいい?」と言ってくれることもありました。

  • 好きな時に、好きな人といる。
  • 遊びたい時ときに遊びに行く。
  • 家族旅行にふらりと海外に。
  • お金を気にせずに食べたいものを食べる。
  • 買いたい物を悩まずに買う。

いまでは、時間にもお金にも完全にゆとりができて、家族との理想の生活を実現しています。


このメルマガでは、すこし前まで愚痴をこぼしながら、
行きたくもない会社に勤めていたサラリーマンの私が、
家族との時間を大切にし、会社に縛られることなく。

「お金にも完全に 自由になった物語」を包み隠さずお伝えしていきます。

命がすこしずつ、
こぼれ落ちていくような
気がしました

陰口がBGMのようにあちらこちらから囁かれて、
ささやかな休憩時間ですら人の悪口に付き合わされ、
どこかで自分も悪口を言われてるんじゃないかと思いながらビクビクする毎日。


人並みの幸せを求めて転職を繰り返し、
やっとたどり着いた上場企業でも毎日仕事を辞めたいと考えていました。

テレビをつければ日本を代表する家電メーカーの衰退、大規模なリストラのニュース、
過労死で自殺する新入社員という暗いニュースが報道されています。


いい会社に就職するために、いい大学に入り一流企業に定年まで勤めれば、
一生安泰で幸せに暮らせるという常識が目の前で脆くも崩れていきました。

私もそんな世の中の常識をつい最近までなんの疑いもなく信じていました。

パパは今日もお仕事だね

大切な家族を守るため。

そのために、つまらない仕事を我慢して続けることが当たり前なんだと
自分に言い聞かしながら自分を押し殺す日々。

そんな職場では居場所をなくし、人間関係のストレスから体調を壊すこともありました。


家族のために働いているのに、
家族と過ごす時間が少なくなっていくという無情な矛盾を感じていました。


一緒に食卓を囲み、一緒にベッドで眠りにつくという当たり前の幸せすらできない。
もっと子供たちと一緒に居たい、家族との思い出の中に自分が存在していないことが多くありました。

「パパは今日もお仕事だね。」その言葉が辛かったです。

父親の背中を見て感
じていた高校時代

一見、当たり前のことのようですが、現実社会ではお金の事情によって、
選択肢が狭くな ることも多いのではないでしょうか。


実際に。私にもそれを痛感した出来事がありました。

私が高校生の頃の話です。大学受験に失敗し浪人していた頃、
将来かかるであろう学費のためにと、
私の父親は仕事が終わってから夜のアルバイトをやっていました。


夜9時に帰ってきて、少しの仮眠をとってから夜のバイトに出掛け、
帰ってくるのは朝6 時。そこからまた少しの仮眠をとって仕事に出かけて行きます。


50代の身体には相当ハードだったと思います。

私もいまでは2児の父親になり、当時の父親のことを思うと本当に頭が上がりません。

大学に進学させてくれて本当に有り難く思っています。

だから私もお金の事情によって、子どもたちの選択肢を狭くしてしまうことがないようしたいのです。

会社に依存しなくても
収入への不安が
無くなって得たもの

もし給料が無くなったとしても、会社以外から収入があると思うと、働き方も変わってきました。

行きたくもない飲み会はキッパリ断れるし、嫌いな上司にも全く気を遣うことは なくなりました。

そうして『やりたくないことはやらない』ことで会社でのストレスも感じなくなりました。
そうすると、仕事も何故だかスムーズにいくようになったのです。


周りの空気を読み、早く帰りたいのに残業をして、聞きたくもない愚痴に付き合ったりと、
いままでどれだけ無駄な事をしていたのだろうと思いました。<


ふと世の中を見渡すと、
それに気づいていても会社に縛られていて何も言えない人が圧倒的に多いような気がします。


また、この事実に気づいていない、
思考停止の状態に陥っている人も、決して少なくはないと思います。


幸い、私はそういったことに気付くことができ、前に進む事が出来ました。

だとしたら、今度は私が少しでもそんな「気付き」をあなたに伝えていきたい。
そう思ってこの文章を書きました。


こうゆう人生を送る人を増やしたい。そのお手伝いができれば幸いです。

メールアドレス

※追加のプレゼントが届きますので必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
※メールマガジンが不要と判断された場合、ワンクリックで解除可能です。
※ご入力いただいた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理いたします。

筆者プロフィール

家族と旅行に行くことが大好きな35歳。
自称イクメンパパ。

上場企業に勤めながら副業で稼いだお金の節税の為に設立した
Bee Net Japan株式会社代表取締役。

忙しいサラリーマンを過ごす日々に
「これがいつまで続くのか」と疑問を抱き
お金、知識、人脈ゼロの状態で
インターネットビジネスをコツコツ10年ほど独学で進める。

最初はヤフオクで自宅にある不用品販売からスタートして数々の分野に手を出し、
ことごとく失敗を重ねるも、昨年は給料とは別に副業で年収2,000万円を稼ぎ出すようになる。

現在は、会社に依存しなくても豊かに暮らしていける自由な個人を増やすため、
ブログやメルマガ、書籍などを通じて情報発信をしている。

他では絶対に公開しない
ヒミツの電子書籍が
いまだけ期間限定で、
すべて無料で読めるチャンスです!

※お持ちのスマホ・パソコンで
すぐに読むことが可能です。

メールアドレス

※追加のプレゼントが届きますので必ずいつも使用しているメールアドレスをご登録ください。
※メールマガジンが不要と判断された場合、ワンクリックで解除可能です。
※ご入力いただいた個人情報は、プライバシーポリシーに基づき厳正に管理いたします。