仙崎大吾 公式ブログ『パパが会社に頼らず、自宅で年収2000万円を稼ぐ自由過ぎる物語』

普通のサラリーマンのパパが会社に頼らずに給料以外に年収2000万円を稼いだ!子供との時間を大切に自由な時間を手に入れた『自由なパパ』のブログです。

ブログ

年収1000万円は難しいのか?

こんにちは仙崎です。

本日のテーマは「年収1000万円は難しいのか?」というお話。

まずはこちらをご覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-12-23-25

 

こちらは国税庁が調査した、
日本人の平均年収を表にまとめたものです。

平成22年から平成26年の統計ですが、
1000万円〜1500万円の年収の人は人口の3.1%になります。

人口の3.1%と聞くとわかりずらいですが、
だいたい30人に1人くらいな感じですね。

 

これを見てあなたはどう感じるでしょうか?

「いやいや、年収1000万円なんてやっぱり難しいでしょう。。」

と思いますか?

 

ではこの3.1%の人たちは、
一体どんな人なのでしょうか?

高学歴でもの凄く仕事ができる人ばっかり。
会社の中でも超優秀のエリートで
年齢は40〜50代のバリバリの管理職。

というイメージが浮かびますね。

 

まあ。中にはそういう人もいるでしょうが、
ただ絶対という訳ではないです。

私の知り合いにも年収1000万円を超える人が
沢山いますが、20代で年収が億を超える人もいます。

高学歴でエリートなんてほとんどいません。
むしろ結構、自由な人が多い感じです。

 

では、なぜ彼ら、彼女らが
年収1000万円を超える3.1%の中に入れたのでしょうか?

実は簡単な話です。

====================
それは稼ぐ方法を知り、実践したからです。
====================

 

本当にそれだけ。

ちゃんとした稼ぐ方法を、正しく知って
素直に実践しただけなんですよ。

ほんと、それさえすれば誰でも年収1000万円なんて
稼げると思っています。
では逆に最初の表に戻ってみましょう。
300万円〜400万円の人が最も多く、

次いで200万円〜300万円となっています。

これを合わせると、約31%になります。
おおよそ3人に1人の割合ですね。

 

ということはほとんどの人が
年収が200万〜400万円ということ。

これはどういうことかと言うと、
普通に平凡に生きている人ということです。

 

毎日、普通に会社に行って、働いて、
普通に家に返って、寝て。
休日は平凡に過ごす人。

何も考えずに平凡に生きている。

平凡な自分だから、年収1000万円なんて
自分とは関係のない世界だと思って、

何もせずに毎日を生きて、
疑問すら全く感じない訳です。

 

私のメールを読んでくれているあなたは
何かしら平凡から抜け出したいと思っているはずですよね。

ですから、年収1000万円を稼げていない自分は
どうしたらいいのかと思って欲しいのです。

「普通でいいや」なんて思わないで下さいね。

 

人間、周りに流されやすいので、
皆が同じぐらいだし、それでいいと思いがちですが、

普通で得することはまず無いです!

 

「普通な人」って会社からしたら
歯車にするのに最適です。

そんな一部の歯車が沢山のお金なんて
得られる訳がないじゃないですか。

 

まずは、現状に疑問を持ち、
そこから抜け出すにはどうすればと考える。

これが超大事です。

 

===================
稼ぐ方法を正しく知り、素直に実践する。
===================

 

冒頭にも言いましたが、本当にこれだけです。

何も難しくないです。

 

ということで今日はこれまで。

またメールしますね。

 

仙崎大吾

 

 

 

 

 

-ブログ

合わせて読みたい記事はこちら